アトピーを改善する食事療法は?

アトピーを改善する食事療法は?

アトピー性皮膚炎を改善する方法の一つとして食事療法があります。病院の検査で「アトピーの原因」と特定された食品を除去した食事をとるのが食事療法です。原因を避ける食生活を続けることで、その食物に対する過敏性が薄れ、やがて拒絶反応がなくなることが期待できます。

 

特に小さなお子様の場合は食物が原因となっているケースが多いため、毎日の食事からアプローチするのが有効と考えられています。

アトピーの原因は食品?それとも、生活環境?

アトピーの原因は食品?それとも、生活環境?

「アレルギー」や「除去食」といった言葉が一般的に使われるようになった昨今、お子様がアトピーを発症してしまったとき、「食べ物が原因かも?」と疑うのはごく自然なことです。しかし、必ずしも食事の内容がアトピーに関係しているわけではありません。

 

食べ物が原因の場合は、有害物質は口から体内に入り、血液中を巡って全身の皮膚に症状が現れます。もし、ひじやひざの裏側、お尻の下側など体の一部だけに症状が現れるのであれば、一概に食べ物が原因とは言い切れません。

症状から判断できること

「一年を通して同じ症状が出ているか」ということは、アトピーの原因を判断する基準となります。私たちが日常生活でよく食べる卵や牛乳は、アレルゲンとして特定されることがもっとも多い食品です。卵や牛乳がアトピーの原因だとしたら、季節に関係なく一年中症状が出るはずです。

 

「夏は症状が軽いのに、空気が乾燥している冬場は重くなる」という場合は、食べ物ではなく生活環境が原因である可能性が高いでしょう。

食べてよいもの、悪いもの

食事療法というと、「除去食の献立を考えるのが大変そう」と尻込みしてしまう方が多いものです。アトピー対策として、まずは普段の食習慣を基準にしてメニューを考えてみましょう。積極的に食べた方がよいもの、食べない方がよいものは何か? それを知った上で食べ物を選べば、今すぐ気軽に取り組むことができます。

食べた方がよいもの
  • 根菜(ニンジン、大根など)
  • 菜種油(圧縮絞り)
  • キャベツ
  • ごま油(圧縮絞り)
  • ウーロン茶
  • オリーブ油(圧縮絞り)
  • ルイボスティー
  • 天然塩

野菜は、無農薬栽培もしくは減農薬栽培のものを選びます。野菜の中でも、根菜とキャベツは毎日たくさん食べるとよいでしょう。両手一杯くらいの量が目安です。温野菜にすると、モリモリと美味しく食べられるのでおすすめです。

食べても問題ないもの
  • 白身魚
  • 牛肉の赤身(週に1回程度なら可)
  • 小魚
  • 果物
  • 貝類
  • 黒糖
  • カニ
  • 蜂蜜
  • エビ
  • メープルシロップ
  • 有精卵(アレルギーがない場合のみ)
  • 紅茶

食べてよいとされる食品でも、やはり食べ過ぎには注意が必要です。

食べない方がよいもの
  • パン(ショートニング・イーストフード)
  • コーヒー
  • ワラビ
  • チョコレート
  • タケノコ
  • ココア
  • 砂糖
  • 背の青い魚(さば、さんま、いわし)
  • 化学調味料
  • 牛乳
  • インスタント食品
  • 乳製品(バター、チーズ、ヨーグルト)
  • もち米・もち
  • うなぎ
  • 鶏肉
  • 豚肉
  • 保存料が含まれる食品
  • 添加物が含まれる食品

食生活で心がけるべきこと

食生活で心がけるべきこと

水は浄水器の水を使い、お買い物の際には商品の表示をチェック。添加物や保存料、砂糖が入っていないものを選びましょう。小麦粉、味噌や醤油などの調味料、食用油は産地や原料に注意します。なるべく自然の材料を使ったもの、昔ながらの製法で作られている自然食品を選ぶと安心です。

おすすめ食事療法商品

  • 柿の葉茶 柿の葉茶 柿についている葉を茶葉として使用したのが柿の葉茶です。レモンの20倍、ホウレン草の10倍ものビタミンCが含まれているといわれています。 詳しくはこちら

Page top