なにげなく使っているものでも……子どもにとっては危険がいっぱい?

普段、なにげなく使っている洗剤やシャンプー、石鹸などの洗浄剤。それらに含まれる界面活性剤が体に及ぼす悪影響について心配する声が、ここ最近で増えています。界面活性剤などの化学物質による肌への刺激は、小さなお子様や肌の弱い方にとって大きなトラブルの原因となってしまう可能性があります。

経皮毒 ~皮膚から吸収される化学物質~

経皮毒 ~皮膚から吸収される化学物質~

化学物質がアレルギーの原因になることは知っていても、「すぐに洗い流してしまう石鹸なら大丈夫」と思ってはいませんか? 実は、洗浄剤に含まれる界面活性などの化学物質は、皮膚を通して毎日少ししずつ体内に蓄積されてしまうのです。

 

皮膚から吸収された化学物質は、すぐにアレルギー反応を起こすわけではなく、一定量が蓄積されたときに一気に症状が出る傾向があるようです。体内に蓄積された化学物質が排出されるまでには長い期間が必要となります。そのため、気づいたときには許容量を超えていた、ということにもなりかねません。

無添加のシャンプー・石鹸なら安心?

一般に市販されている洗浄剤のうち「無添加」と表示されているものなら、安心して使うことができるのでしょうか? たしかに、そのような洗浄剤には合成香料や合成着色料が含まれていないものが多く、その点では安心できます。しかし、無添加表示されていても「すべての化学物質を含まない」というわけではないのです。

 

また、化粧品は全成分表示が義務付けられていますが、「医薬部外品」となると指定成分ではない原料については表示しなくてもよいとされています。

TOPICS 無添加表示の真実
商品説明などに「無添加」と表示することについては法律上の基準が何もなく、実際のところ、「無香料」「無着色」「無鉱物油」というだけの商品でも、「無添加」をうたっているものが多いようです。表示の罠に気をつけましょう。

水道水に含まれる塩素「トリハロメタン」の影響

水道水に含まれる塩素「トリハロメタン」の影響

水道水の消毒に使われる塩素「トリハロメタン」は、発がん性などがたびたび話題にされている物質です。アトピーの原因にもなるため、浄水器をご使用のご家庭も多いでしょう。家庭用の浄水器でも水道水の残留塩素を取り除く効果は十分にあるので、調理の際には浄水器を通した水を使うことをおすすめします。

 

ただ、見逃してしまいやすいのが、お風呂やシャワーで使う水道水です。実は、塩素やトリハロメタンは皮膚や呼吸器から吸収されやすく、そのほうが危険性も高くなるという特徴があります。調理や飲用に使う水には気を付けていても、お風呂やプールなどで、知らないうちに毒素を含む水を浴びてしまっているかもしれません。

 

こまめな換気や浄水機能付きのシャワーヘッド、有害物質を還元する作用のある入浴剤などのグッズを使うのも、健康を守るための一案です。

Page top