こんなことにはご注意を ~私のアトピー体験談~

同じようにアトピー性皮膚炎に悩んでいる患者さんでも、どんなときに症状が悪化してしまうかは人によって異なります。日常生活の中での、アトピーに関する失敗体験をご紹介します。

あなたにもありますか?こんな失敗

環境の変化に体が追いつかない!(20代 男性)
就職活動でストレスがかなりたまってしまいました。無事に就職は決まったのですが、引っ越した先が新築のマンション。化学物質のせいか、部屋にいるとかゆみが強く感じられました。さらに悪いことに、仕事の内容が水に触れる業種だったため、肌が最悪な状態になってしまったんです……。
受験のストレスで悪循環に……(10代 女性)
大学受験のため、ずっと家で勉強をしていました。机にじっと座っている生活で、運動量も減り、外出する機会も少なくなりました。ストレスがたまると甘いものが食べたくなり、おまけに夜遅くまで起きていると小腹が空くので、買い置きしてあったデザートやアイスクリームを大量に食べていました。

掃除も自分ではしなかったので、ほこりとゴミがいっぱい。こんな悪循環にはまっていくうちに、アトピーが悪化してしまいました。
出産したら、悪い方向に体質が変化した(30代 女性)
妊娠する前は、軽度のアトピーでした。妊娠中は、まぶたとひじの内側が少しかゆくなる程度でしたが、出産した当日から全身が猛烈にかゆくなりました。子育てに追われるうちに、いつの間にか外出できないほど重症になってしまって……。

子どもは本当にかわいいので、出産したことはもちろん後悔していません。でも、私がアトピーでなければ、もっと心に余裕ができて子育ても楽しめるのではないか?と思うと、残念な気持ちになります。早く治して、子どもと外に遊びに行けるようになりたいです。
暴飲暴食がきっかけで(30代 男性)
同僚からお土産でもらったミックスナッツを肴に、家でビールを飲んでいたときのこと。このナッツが美味しくて止まらなくなり、つい大量に食べてしまいました。すると、体がだるくなり、目まいが……。アレルギー反応だったのではないかと思いますが、この日からアトピーが悪化してしまい、現在では米・卵・牛乳・油・大豆を除去した食生活を送っています。
市販のシャンプーでかぶれて……(40代 女性)
岩盤浴場に備え付けてあった市販のシャンプーを使ったところ、首から鎖骨にかけて、湿疹が広がりました。今でも赤黒く跡が残ってしまい、首を出すような洋服は着られないほどです。
引きこもり生活は悪いループを生む(30代 男性)
家に引きこもっていたらアトピーの症状が悪化し、さらに家から出られないという悪循環にはまってしまいました。外出しないとストレスがたまって精神的に鬱気味にもなるので、無理にでも外に出るようにしなくてはいけないと思いました。
正しい姿勢が大事(20代 女性)
整体に行ったら、「姿勢を良くするように」と言われました。血液は骨から作られますが、悪い姿勢で背骨を圧迫すると、血液の量が足りなくなるのだとか。「アトピーの患者は偏った姿勢で副腎を圧迫していることが多く、右手が下がっているのはそのせいだ」と指摘され、自分でも気をつけるようになりました。
ストレスをためこんで悪化……(20代 男性)
風通しの悪い部屋、騒音、空気の悪さ、人間関係などストレスの多い場所に住んでいると、てきめんにアトピーの症状が悪化してしまいます。どうにもならないときには、思い切って引っ越しするしかありません。

Page top